人間の安全保障指標プロジェクト(フェーズ2)

 

宮城県の人間の安全保障指標の作成


「人間の安全保障」フォーラムは、SDGsの理念である「誰一人取り残されない」社会の実現を目指して、日本国内で取り残されがちな人々の課題を可視化する「日本の人間の安全保障指標」を発表しました(日本語版、明石書店、 2019年11月)、英訳版(JICA、2020年12月)。

 

このプロジェクトの第2段階として、都道府県内の各自治体レベルでSDGsの理念を達成するために取り組むべき優先課題を浮き彫りにする事業を進めています。その最初の成果として、今般、誰も取り残されない宮城のための「宮城県の人間安全保障指標」を作成し、本年3月23日、仙台国際センターで発表しました。引き続き説明会を行う予定です。

 

プロジェクト代表:高須幸雄 


プロジェクトメンバー

担当者(所属)

  • 高須幸雄(「人間の安全保障」フォーラム理事長)
  • 峯陽一(同志社大学教授)
  • 川村真也(中部大学研究員)
  • 石本めぐみ(ウイメンズアイ代表理事)
  • 山﨑真帆(東北文化学園大学助教)