気仙沼市との包括連携協定から1年間の活動進捗を気仙沼市長へ報告


8月23日、特定非営利活動法人「人間の安全保障」フォーラムは、気仙沼市、True Data社と2021年8月31日に調印した「誰一人取り残されない気仙沼」包括連携協定から1年間の活動の進捗を、気仙沼市菅原市長へ報告しました。

高須理事長より、4つのプロジェクトの進捗を報告し、今後のプロジェクトの計画について説明をしました。

 

  1. 女性のIT就労:オフィスミモザの開設、子育て中の女性が働きやすい職場づくり
  2. 子どものプログラミング:2021年、2022年の冬・夏に体験会を実施
  3. 気仙沼ひとり親調査:3-4月に調査、7-8月にインタビューを実施
  4. 子どもの権利条約:202112月に「子どものやさしいまち」集い、小学校授業を開催、その後、教員向けの子どもの権利条約勉強会開催

菅原市長からは、プロジェクトへのさらなる協力と期待を込めた心強い応援のメッセージを頂きました。

 

(本プロジェクトは、米日財団からの助成により実施しています)