HOME > 団体概要 > 理事長挨拶(2019年度)


高須幸雄  理事長  挨拶


この度、2019年度から「人間の安全保障」フォーラム(HSF)理事長に就任致しました。HSFは、すべての人の命、生活、尊厳をまもる「人間の安全保障」の理念は実践されてこそ意義があるとの信念を共有する研究者、学生が中心に2011年東日本大震災が起こった年に設立され、以来9年目を迎えました。この間、被災者支援、子ども未来館、学習支援、難民関連の各種連携・教育プロジェクト、まなび旅、セミナー・研究会などの活動を通じて、人間の安全保障の実践に努めてきました。また、新たに2018年から、SDGsの目指す「誰も取り残さない」社会を日本で実現するための方途として、日本の人間の安全保障指標を作成するプロジェクトを開始しております。

 今までHSFをリードしてこられた山下晋司前理事長、会員の皆様、各種の活動に参加してくださった皆様、ご支援いただいた多くの方々、団体に心から感謝いたします。

 私にとっては2011年〜12年に初代理事長を務めてから2度目の登板になりますが、新機軸を求めてさらなる活動の発展と組織基盤の立て直しを図る所存ですので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

理事長 高須幸雄

2019年4月

 

理事長略歴:

 現在 国際連合事務総長特別顧問(人間の安全保障担当)

 前国連事務次長(行政監理局長)、元国際連合日本政府常駐代表(国連大使)

 元東京大学及び政策大学院大学特任教授、現在立命館大学客員教授